城領明子オフィシャルホームページ 

  • 城領明子HOME
  • 城領明子PROFILE
  • 城領明子DISCOGRAPHY
  • 城領明子BLOG
  • 城領明子NEWS&LIVE
  • 城領明子PHOTO
  • 城領明子LINK
  • 城領明子MAIL
城領明子ディスコグラフィー
城領明子3rdアルバム「サイレント」

『 サイレント 』


3rd Full Album


2016/07/06 Release
AKIJ4354
¥2,500 (tax in)


01. サイレント
02. この愛はにせもの
03. ハートブレイク
04. 優しい風
05. グッドナイトを過ごしてよ
06. ごめんねララバイ
07. どこ吹く風
08. モンスター
09. サマータイム
10. 今日に決めてよかった



2nd album「ロンリーロンリー」から約3年ぶりとなる今作は、ピアノと歌、そしてドラムのみで構成された全10曲。
全ての曲を一発録りで行い、ナチュラルで暖かみのあるサウンドを表現。
これまでにないほど生々しく、儚く、そして何よりも優しく、聞く人の心に寄り添うような、そんな作品に仕上がった。
自身が尊敬してやまない「ローラニーロ」「リッキーリージョーンズ」等、今の時代には無いような、そんな空気感を見事に作り上げた必聴盤!!

城領明子による 『 サイレント 』 楽曲解説


01. サイレント

この曲、実はこのアルバムの前に限定発売したライブ盤「どこ吹く風。1」にも収録されています。もともとは入れるつもりもなかったのですがこの曲の持つ雰囲気なんかが、今回のアルバムの全てのような気がして再度、レコーディングしなおしました。そしてついには、アルバムタイトルになってしまいました。私自身もなんの構えもなく、すっと湧き出た曲。静かな夜に心を澄ませるような。



02. この愛はにせもの

イントロのドラム!!この北畑さんのドラム。すっごくかっこよくて大好きです。はじめは変な曲で、あまり人気もなかったこの曲(笑)アレンジも変えて、今や押し曲にしてしまったくらいです。ライブでは、1人でやる勇気があまりないですが(笑)作った当初は、自分でもどうなってるのかわからず、完成するとも思いませんでしたが北畑さんが沢山ヒントをくれました。歌詞はグロテスクですが、まぁ、そんなこともあるでしょー?



03. ハートブレイク

実はこの曲もアレンジが途中から変わったんです。私が弾き語りでやるときには、また違ったアレンジでやっています。とってもシンプルな曲だけに、レコーディングでは手に汗をびっしょりかきました。その中でもこのテイクは、ほんと、奇跡のテイクでした。少ない音、沢山の隙間、同じ言葉。ある意味、私の中でチャレンジでした。



04. 優しい風

何と言えばいいのでしょうか。この曲の説明は、ほんと難しい。何が言いたいでもなく、伝えたいでもなく、ただピアノを弾いているとできあがった曲です。皆さんにはどう聞こえるのでしょうか。



05. グッドナイトを過ごしてよ

この曲が出来たのは結構前で、ライブでも話したことがあったと思いますが実は、一度「ボツ」にした曲なんです。なんだかしっくり来なくて。でもスタジオで、何となく弾いていると、北畑さんが「その曲なに?」と聞いてきたので「いや~、ボツった曲なんですよ~」と答えました。すると北畑さんに「いやいや、メチャ良いやん。やらな」と言われ、もう一度復活させた曲なんです(笑)今となれば、なんでこの曲をボツにしたのかわからないくらい、ライブでも歌ってます。そして凄く気に入っています。いろんな方にこの曲の歌詞の意味を聞かれます。でもそれは、ひ、み、つ!!



06. ごめんねララバイ

できあがってから、結構な頻度でライブで歌っています。わかりやすい内容ですね。歌詞も、曲も。とってもストレートに作りました。なんのひねりもありません。歌うときも、感情を表に出しすぎないように気をつけて歌いました。レコーディングでは2テイクくらいで終了。やればやるほど濃くなるのがわかっていました。これでよかった。ちなみに、この曲だけピアノがちがうんですよ~。気付いたかな??



07. どこ吹く風

もう古い曲です。思い起こせば、この曲が出来てからワンマンをはじめたりライブ盤を出したりと、沢山の動きが出てきました。レコーディングでは、途中の部分でアコーディオンを入れていたのですが結局はやめました。ない方が気持ち悪かったから。そうしたのです(笑)おかしな理由ですが、それで良いのです。私って人は。皆さんもこれを聞いて不思議の国へ旅して下さいませ(笑)



08. モンスター

一番新しい曲です。このレコーディング中に作り出して、そのまま収録しました。いやー。苦戦しましたね~!!私と北畑さん、何度この曲を演奏したことか(笑)あーでもない、こうでもない、と、何度も何度も頭を悩ませました。結果、OKが出た後に、やっぱり違うと言うことになりずっと前に録ったテイクに決定しました。私、こういうとこだと思うんです。このアルバムの良さって。素っ裸になった気持ちです。恥ずかし~!!けど、気持ちぃ~!!みたいな(笑)ピンクレディーのカバーではないのであしからず。



09. サマータイム

ムフフ~。な曲ですよ。大人の歌ですよね~。なんつって。この曲も実は古い曲ですね。ライブでやるといつもテンション上がってしまう一曲。確か作曲の時には、イントロから作っていたのでこんな曲になるとは自分も思ってなかったと思う。人生わからんものですね。



10. 今日に決めてよかった

このアルバムのラストを飾るのはこの曲。もう知ってる人も沢山いますよね。昨年の10月、自身も実行委員として関わっているイベント「命の渚コンサート」で150枚限定でリリースしました。ただ、このアルバムに入っているバージョンはまた新しく録りなおしました。前のは前ので、凄く気に入っていたのですが今回のはまた違った良さがあるので良いです。この曲は、とてもファンの方々からも気に入っていただいて私も嬉しいです。ここ数年の私の代表作となったこの曲で最後を締めくくりました。




1st LIVE Album『 どこ吹く風。1 』

『 どこ吹く風。1 』


1st LIVE Album


2014/10/05 Release
AKIJ4353
¥2,000 (tax in)


01. レッドコースター
02. 大阪ニューヨーク
03. 冬
04. 揺れるだけ
05. 魂の旅路(栗田裕希)
06. ベイビーアイラブユー
07. YURARI(吉田あきら)
08. どこ吹く風
09. クレイジーラブ
10. サイレント

2014年の2月より、弾き語りワンマンライブシリーズ「どこ吹く風。」を始めました。
このワンマンライブはタイトル通り、決め事などもなくその時の自分を、その時の気分で歌いたい。
どんどん変わっていきながら、ずっと続いていけるような、そんな自分なりの場所を作りたい。そんな気持ちで立ち上げました。
その弾き語りワンマンシリーズ「どこ吹く風。」のvol,1と、vol,2を収録したライブアルバムがついに完成。
ライブ会場のみ限定300枚。カバー曲では、栗田裕希「魂の旅路」、吉田あきら「YURARI」、
そして未発表曲2曲を含むを含む全10曲収録「どこ吹く風。1」2014年10月5日、ライブ会場にてリリース開始。

※遠方の方や、ライブに来れない方々へ
税込み¥2,000でお渡しすることは出来ませんが送料込み¥2,300(振り込み手数料別途)で、送らせていただきます。
詳しくはこちらにお名前、枚数、住所、メールアドレスを記入の上、ご連絡下さい。
aki@slytribes.jp







城領明子ソロアルバム「ロンリーロンリー」

『 ロンリーロンリー 』


1st album


2013/5/22 Release
AKIJ4352
¥2,000 (tax in)


01. 冬
02. きらいだった
03. ロンリーロンリー
04. クレイジーラブ
05. 私はあなたを信じられない
06. 9月の手紙
07. ベイビーアイラブユー
08. 揺れるだけ



シベリア超特急5 出演俳優 ボンバー石井

城領明子。SLY TRIBESからソロへ。2011年10月10日1st MAXI SINGLE 「大阪ニューヨーク」をリリースする。
僕は名前も知らない主人公の娘に恋をしてしまった。「バカみたいだろ?」 ちっともバカじゃない。
大きな夢に向かって一歩一歩進もうとする彼女。「あこがれのニューヨーク」。行けばきっと素敵なことが起こるはず。
彼女に出会いたくて何度も何度も聴いてしまった。
彼女の歌はSLY TRIBES時代とは世界が変わった。一人の女性の姿をありのまま飾らず歌う。
ニューアルバム「ロンリーロンリー」。恋が終わるときの痛み。歳を重ねれば慣れるものだと思っていた。
そんな事はなかった。幾つになろうが痛みに慣れる事ができない。
これはどこにでもありそうで なさそうで、でもきっとアナタの中にきっとある8編の「物語」。


ミュージシャン 広沢タダシ

この人には理屈が通用しない。本能という浅はかな表現でもない、心の奥深くに潜む景色が滲み出てくるような、そんな音です。
だから心地良いし、ずっと触れていたいと思うんでしょうね。素敵な作品に参加できて幸せです。


recording engineer 秋窪博一

【ロンリーロンリー】音楽は表裏一体この作品は、切なく、寂しく…明るく、暖かい…
そしてその二つを含んだものはひたすら【優しい】
彼女がそういう人だから 彼女はそれを表現する方法を知ったのでしょう。
それを理解しているスタッフワークも絶讚。なかなかできませんこういうアルバム。【名作】です。
【ロンリーロンリー】聞いて 、優しい気分になって私達もまわりのひとを優しくみつめてみるのは …いかが?


DOVES / FMCOCOLO765DJ 加美幸伸

高く聳え立ってしまったビルの間を掻い潜りながら流れ落ちる真実。
世の中の知識主義が作り上げた絶望のサイレンに人々は一喜一憂。
跳ね飛ばされたワタシのロンリーは、虚しい日常の中、現実に背を向けて眠る。
そんな時、静かな鍵盤の足音と共に近付いてきた城領明子のロンリーが、
瞑想のように柔らかく寄り添って優しいキスをしてくれた...。
『ロンリー ロンリー』ワタシ(聴く者)の中のロンリーを城領明子のロンリーが抱擁する瞬間の記録。
歌声が痛んだ心の隙間を撫でるように浮遊する。くすぐったくて笑いが込み上げてきた。...
人間にとって求められるということは、こんなにも幸せで素晴らしいことなんだね!


FM802「WEEKEND FOR-REST」DJ 平野聡

彼女を初めて見たのは大きな川沿いに作られた小さなステージ。大阪の夜景をバックに雨の中で歌う姿は、凛として艶やかだった。
キャロル・キングのように、力強く美しくあたたかい。クラムボンみたく、しなやかで軽快で楽しい。
ピアノを奏でる(バックに歌う)女性シンガーが好きだ。そこにもうひとり大阪出身の素敵な女性を加えることができた。
「ロンリーロンリー」と歌う彼女は、もうロンリーじゃない。このアルバムと一緒に、たくさんの方に笑顔で迎えられるはずだから!



城領明子による 『 ロンリーロンリー 』 楽曲解説


今回のアルバム「ロンリーロンリー」は1st maxi single「大阪ニューヨーク」から約1年半立ってからのリリースになりました。当初は5曲入りのミニアルバムにする予定でしたが、急遽プラス3曲録ってフルアルバムにすることになりました。なので、1,4,7曲目は後から録音したものです。はじめは、今回のコンセプトと合わなくなるんじゃないかとか色々心配しましたが、逆にアルバム全体の方向性が整ったのでビックリです。私自身も、自分のやりたいことみたいなモノが以前に増してはっきり見えてきたように思います。シンプルに、でも優しいだけじゃない、どこか爪痕の残るようなそんなアルバムに仕上がりました。私にとって、また新しい道を行くきっかけになった「ロンリーロンリー」ゆっくり、長く、聞いていただけると嬉しいです。



01. 冬

このアルバムの一曲目を飾る「冬」この曲はものの30分くらいでできあがった曲です。深く考えず、あえて展開もあまり付けないようにしました。なので曲自体もとても短い曲です。ただただ景色だけを思い浮かべて書きました。レコーディングでも弾き語りの一発録りでやりました。どんな景色が浮かぶのでしょうか。



02. きらいだった

この曲は、ギター、コーラス、アレンジにシンガーソングライターの「広沢タダシ」さんに参加していただきました。おかげさまで本当に良い感じに仕上がり、感謝感激です。前に進んでいく日々の中で、思い起こす切ない気持ちを書いた曲です。あー。色々あるよねぇ~(笑)



03. ロンリーロンリー

アルバムのタイトルチューンです。実は今回のアルバムの中で一番古い楽曲です。なんだか作っている最中もふわふわしていて、どんな気持ちで書いたのかいまいち覚えていないのです。なのでわかりません(笑)今回は8曲中の3曲がピアノとドラムと歌という、とても変わった形態でやっています。色々考え出すとあれもこれも、と言う風に色んな楽器を入れたくなるのですが、逆に減らすことで表現してみました。その代表曲です。ドラムを叩いているエンジニアの「北畑さん」が、とても良い!!こんなドラム、叩く人ほんと私知らない(笑)録ってるときも楽しかったなぁ~。



04. クレイジーラブ

この曲もピアノ、ドラム、歌だけでの録音です。いやいや、他に何がいるかっ!!ってくらい良い出来だと自負しております。個人的に、大好きな曲ですが作った当初は、はちゃめちゃすぎて大丈夫かな。と思っていました。でもスタジオでドラムと合わしてみた瞬間、パ~っとお花畑が辺り一面に広がりました(笑)この曲も北畑さんが、本当に素晴らしいドラムを叩いてくれています。曲の内容はそのまんま。恋です、恋。落ちたら終わり、スタートです!!いや~、良い曲書いたわ~(笑)



05. 私はあなたを信じられない

暗いですね。タイトルからやってしまっていますね。サビはこれを歌い続けるという、何とも救いようのない感じの曲ですがこちらも私の弾き語り一発録りです。手に汗をどんだけかいたかわかりません。実はエンディング、もともとはこうじゃなかったのですが北畑さんのアドバイスにより、急遽変更。おかげさまで100倍素敵な楽曲になりました。実はこのパターン(急に変更するパターン)、私のレコーディングではよく見られる光景です。私、好きなんでね、変えられるの(笑)歌詞は、少し大人の女性の歌です。長く生きてりゃ、色々あるんですよ。



06. 9月の手紙

「きらいだった」同様、ギター、コーラス、アレンジに「広沢タダシ」さんが参加してくれました。このアルバムの中で一番明るく、パンチのある曲に仕上がっています。この曲も「ロンリーロンリー」の次に古い曲です。小節数とかが無茶苦茶で、皆さんに迷惑おかけしました(笑)歌詞は色んなとらえ方ができるんじゃないでしょうか。それぞれの状況に当てはめて聞いていただけたら嬉しいです。



07. ベイビーアイラブユー

これもピアノ、ドラム、歌の一発録りです。クリックも使わず、せーので録りました。この曲は、家で星空を思い浮かべながら作りました。優しく、切ない、そんな楽曲です。



08. 揺れるだけ

最後の最後に、一番暗い曲を持ってくるっていうね(笑)普通には終わらせないのがこのアルバムのミソですから!!この曲もまた、急遽アレンジを変更して「こんな感じ~??」って言いながら録ったテイクがそのまま採用されたのです。こういう事があるからレコーディングは楽しい。歌詞はちょっと、、。あまり言わない方が良さそうなので聞いてみて下さい(笑)私らしい、ダークな曲です。余韻を残してこのアルバムを締めくくりました。



と、まぁ、こんな感じです。
皆さんの心にどんな風にこの8曲が届くのか、とても楽しみです。
ありがとうございました。

城領明子

スライトライブス DISCOGRAPHY はこちら
ご購入はこちら



城領明子ソロマキシシングル「大阪ニューヨーク」

『 大阪ニューヨーク 』


1st maxi single
城領明子、待望の初ソロマキシシングル。


SLY TRIBES結成から14年目が経とうとしている。
自身の夢であった「城領明子」としてのソロ作品がついに完成!
基本一発録りのレコーディングにより
今だから出せる暖かみのある音を表現し、
これまで積み重ねてきた等身大の自分といえる1枚。



2011/10/10 Release
STAJ-0001
¥1,200 (tax in)


01. 大阪ニューヨーク
02. 走れマイウェイ
03. レッドコースター
04. 燃え尽きるその前に



シベリア超特急5 出演俳優 ボンバー石井

大阪ニューヨーク。僕は名前も知らない主人公の娘に恋をしてしまった。
「バカみたいだろ?」ちっともバカじゃない。大きな夢に向かって一歩一歩進もうとする彼女。
「あこがれのニューヨーク」。行けばきっと素敵なことが起こるはず。
彼女に出会いたくて何度も何度も聴いてしまう。


ミュージシャン 広沢タダシ

「温かくて、でも全然落ち着いてなくて(笑)。とっても人間らしいやさしさが伝わってきて素敵です。
ここに来てますます青春してますね~。」


フリーパーソナリティー 兼永みのり from Hiroshima

「自分らしい幸せの尺度ってなんだろうね。妻になって、母になったアキちゃんだからこそ、
これからも恋の歌を歌ってほしいと思ってたよ。はじめてのソロシングルだね!おめでとう!」


沢知恵

大音量で聴きながらドライブに出かけたくなりました。
いつまでもどこまでも走ってゆけそう。



城領明子による 『 大阪ニューヨーク』 楽曲解説


もう何年も前からの夢、「30歳でソロCDを出す」が3年遅れでついに実現しました。SLY TRIBESとしての私とは違う、もう一人の私です。本当に苦労しましたが、その分本当に素敵な作品ができました。今回のレコーディングでは、4曲中3曲がクリック無しの弾き語り一発録りです。やりたいやりたいとは思っていたのですが、なかなかそうも行かず。結果、案の定大変でしたが、びっくりするほど良いものができました。一生の宝になりそうです。皆さんにとってもそうなれたら最高です。私を支えてくれたプロデューサー、ミュージシャン、友達、応援してくれているファンの皆様、そして、好きかってしている私を一番近くで支えてくれている家族に心からの感謝をこめて。



01. 大阪ニューヨーク

タイトルチューンでもある曲。この曲ができてやっとCDを作ろうと決心しました。作っているときもあっという間にできてびっくりしました。タイトルの事を沢山の方々に聞かれるのですがあえて言わずにいますね。完全に弾き語りで私以外、何の音も入っていません。色んな迷いの中で、今ここにいる意味を自分なりに考えた曲です。



02. 走れマイウェイ

曲ができたときにはロックな感じで持っていくつもりでしたが、プロデューサー兼エンジニアの北畑さんと二人してシンセサイザーをいらっていたら80’sサウンドになっていました(笑)こうやって遊びながら作るのって楽しいもんですね。ベースは知る人ぞ知る「ぼんちゃん」こと、金川凡洋さん。さすが!!



03. レッドコースター

頭の中を空っぽにして作った曲。大地を感じるような曲が作りたくて。レコーディングでは、パーカッションの「池田安友子」さんと「いっせーので」で録りました。 勿論クリック無しです。めちゃくちゃ緊張しました。この曲録音し終わって、神経性胃腸炎になりました(笑)でも、この「池田安友子」さん、素晴らしい!!ベースはこの曲も「ぼんちゃん」ですがいきなり「フレットレスで弾いてくれ」と言う私らしい無茶ぶりにも最高のプレイで答えてくれました。



04. 燃え尽きるその前に

最後の最後にできあがって、録音も最後、曲も最後です(笑)この曲も弾き語りで一発録り。昔からの私を知っている方は、らしいと思うかも知れませんね。私もそう思います。絶対一曲はこういう曲ができます。でも、好きなんです、こういうの。頭にはバンドサウンドが鳴っていたのですが、あえて弾き語りにしてみました。



以上で、私の楽曲説明はおしまいです。
沢山の方々に、この曲達が届きますように・・・。

スライトライブス DISCOGRAPHY はこちら
ご購入はこちら



『 Happy -song for wedding- 』

『 Happy -song for wedding- 』



ウエディングソングカバー、丸ごとシアワセソング10曲
※城領明子は4曲目と10曲目に参加しています。



アルバム/2010.7.28
MHCL-1785
¥2,000 (tax in)


1. 恋におちたら / Lumiere
2. ロビンソン / Leisure Central
3. 接吻 kiss / Singomen feat.高橋ちか
4. Beautiful Days / jamoxim feat.城領明子(SLY TRIBES)
5. 愛唄 / small happiness feat.市村あろ羽
6. ありがとう / Sotte Bosse
7. ハナミズキ / small happiness feat.市村あろ羽
8. たしかなこと / small happiness feat. フレネシ
9. 君をさがしてた / Leisure Central
10. ウエディング・ソング / jamoxim feat.城領明子(SLY TRIBES)

ご購入はこちら



城領明子ソロマキシシングル「大阪ニューヨーク」

『 MemorieS ~Songs for the Season of White~ 』



松田聖子の大ファンで知られる「千秋」が彼女なりの目線とこだわりで季節ごとの名曲を選曲。その、こだわりの10曲を現在クラブシーン、カフェシーンで活躍中のアーティスト10組が各々カラーの違うヴォーカリストをフューチャリングして「Memories」をメインタイトルに春夏秋冬別、4 枚のアルバムとしてリリースしていきます。今回リリース「Memories~Songs for the Season of White~」は松田聖子の冬の名曲を集め、カバーした「冬盤」です!!
※城領明子は9曲目に参加しています。



アルバム/2010.12.15
DQCL-1649
¥2,000 (tax in)


1. 真冬の恋人たち / Lumiere
2. 瞳はダイアモンド / note native × 千秋
3. マンハッタンでブレックファスト / DATASPEAKER × yulica
4. LET’S BOYHUNT / Naomile   
5. 雨のコニーアイランド / KOJI 2000 NAKAZAWA × AZ catalpa(A.S.P)
6. 抱いて… / TOKYO COUNTERPOINT × CHI-KA 
7. ハートのイアリング / small happiness × フレネシ
8. 白い恋人 / cargo × arlie Ray
9. Pearl-White Eve / Jamoxim × 城領明子(SLY TRIBES)
10. 時間旅行 / YASUTO × Jun

ご購入はこちら